兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
   TOPページ   


  ヤマサキ ヒロトシ
  山崎 博敏   高等教育研究センター 高等教育研究センター   教授
■ 保有学位
博士(教育学)
■ 著書・論文歴
1. 著書  新堀通也、その仕事  (共著)  2015/06
2. 著書  教員需要推計と教員養成の展望  (単著)  2015/06
3. 著書  The Changing Academic Profession in Japan  (共著)  2015/04
4. 著書  沖縄の学力 追跡分析-学力向上の要因と指導法-  (共著)  2014/04
5. 著書  学級規模と指導方法の社会学ー実態と教育効果  (共著)  2014/03
6. 著書  大学の学び 教育内容と方法(リーディングス日本の高等教育2)  (共著)  2011/02
7. 著書  大学と学問 知の共同体の変貌(リーディングス日本の高等教育5)  (共著)  2010/10
8. 著書  変貌する日本の大学教授職  (共著)  2008/11
9. 著書  学力を高める「朝の読書」  (共著)  2008/07
10. 著書  大学院の改革  (共著)  2007/07
11. 著書  広島大学五十年史 通史編  (共著)  2007/03
12. 著書  大学院教育と学位授与に関する研究Ⅱ  (共著)  2007/03
13. 著書  大学院教育と学位授与に関する研究ー全国調査の報告  (共著)  2004/03
14. 著書  理科・算数教育の危機と再生  (共著)  2001/07
15. 著書  大学評価の動向と課題  (共著)  2000/03
16. 著書  教育の政治経済学  (共著)  1998/11
17. 著書  変動期の教員養成  (共著)  1998/07
18. 著書  教員採用の過去と未来  (単著)  1998/04
19. 著書  広島大学の学部教育と学生生活  (共著)  1995/03
20. 著書  学生像と授業改革-広島大学の学部教育に関する基礎的研究(3)  (共著)  1995/03
21. 著書  大学の学問研究の社会学- 日本の大学間および大学内の分業を中心に-  (単著)  1995/02
22. 著書  大学院の研究  (共著)  1994/03
23. 著書  学問中心地の研究  (共著)  1994/03
24. 著書  文芸の教育社会学  (共著)  1994/03
25. 著書  現代学校教育の社会学  (共著)  1994/02
26. 著書  広島高師文理大の社会的軌跡  (共著)  1990/12
27. 著書  全員参加の学級・授業づくりハンドブック<小学校1・2年編  (共著)  1990/05
28. 著書  教師と子どもの間  (共著)  1990/02
29. 著書  大学授業の研究  (共著)  1989/11
30. 著書  学校淘汰の研究  (共著)  1989/07
31. 著書  制度としての科学 科学社会学  (共著)  1989/01
32. 著書  学校淘汰の研究  (共著)  1989
33. 著書  教科書の社会学的研究  (共著)  1987/10
34. 著書  知日家の誕生  (共著)  1986/04
35. 著書  全員参加の授業をめざして-理論と実際  (共著)  1986/03
36. 著書  学問業績の評価  (共著)  1985/12
37. 著書  現代学校教育の研究  (共著)  1985/02
38. 著書  学問の社会学  (共著)  1984/07
39. 著書  大学教授職の総合的研究  (共著)  1984/02
40. 著書  学者の世界  (共著)  1981/05
41. 著書  学校子ども文化の創造  (共著)  1979/12
42. 論文  私立大学における学部学科編成の変化ー兵庫県を中心に  (単著)  2020/03
43. 論文  兵庫大学の入学者リクルートに関する研究:地元出身者の割合と出身高校  (共著)  2019/03
44. 論文  中教審「グランドデザイン答申」の2040年大学入学者推計値の再検討  (単著)  2019/03
45. 論文  戦後における教員需要の変化と国立教員養成学部の対応  (単著)  2018/02
46. 論文  大学の財政と経営の研究の権威 丸山文裕先生  (単著)  2017/03
47. 論文  Teachers and Teacher Education in Japan  (単著)  2016/12
48. 論文  新堀通也先生の高等教育研究  (単著)  2016/03
49. 論文  私立大学の学部学科編成の変化ー人口動態と産業構造との関連の分析ー  (共著)  2015/12
50. 論文  21世紀初頭における私立大学の学部編成の変化  (共著)  2015/03
51. 論文  2025年までの公立小中学校教員需要推計-戦後第3の不況期はいつ到来するか-  (単著)  2014/12
52. 論文  中国四国各県における教員供給体制ー過去と近未来  (単著)  2014/03
53. 論文  小学校から中学校2年生までの児童生徒の学力の変化-3時点の学力調査データを連結したパネルデータ分析の試み  (単著)  2013/12
54. 論文  21世紀初頭における学校教員の供給構造の変化-国立と私立の需要変化への対応-  (単著)  2013/12
55. 論文  小中高校のPT比(教員一人あたり児童生徒数)の要因分解  (単著)  2012/12
56. 論文  高校の学校規模とカリキュラム  (共著)  2010/03
57. 論文  学級規模と指導方法が小学生の学力に及ぼす影響:共分散構造分析とマルチレベルモデル分析の適用  (共著)  2010/03
58. 論文  児童生徒からみた優れたティームティーチングと少人数学習  (共著)  2007/04
59. 論文  大学教授職研究の大家の形成と発展  (単著)  2007/03
60. 論文  学校・学級規模と授業方法が授業に与える影響―中学校教員の教科別分析ー  (共著)  2007/03
61. 論文  全国の小中学校における少人数教育とティーム・ティーティングの実施状況:2004年全国校長・教員調査報告  (共著)  2006/03
62. 論文  中国の小中学校における「小班化教育」と学級規模の教育的効果  (共著)  2006/03
63. 論文  公立小中学校の学校規模の法制と現実の諸類型  (単著)  2006/03
64. 論文  学校規模に隠された学級規模の効果ー公立小中学校の全国校長調査を中心に  (共著)  2006/03
65. 論文  教大協加盟校の教員養成カリキュラムの比較分析:大学・学部間の多様性と特色  (共著)  2005/03
66. 論文  21世紀における学校教員の養成と確保ー教員需要の変動と計画養成」  (単著)  2003/06
67. 論文  アメリカにおける大学教育のアウトカム・アセスメント:コロラド大学ボルダー校を中心に-  (共著)  2003/03
68. 論文  アメリカの州立大学における教育評価:大学・州・全国レベルでの機構  (単著)  2002/04
69. 論文  教員養成カリキュラムの分析ー大学間比較を中心に  (共著)  2002/03
70. 論文  教育系の地域交流  (単著)  2002/03
71. 論文  教員養成学部の募集単位と入試科目  (共著)  2002/03
72. 論文  教員養成学部の変動-2つの衝撃波に揺さぶられ続けた50年-  (単著)  2002/03
73. 論文  学級規模の教育的効果―児童生徒調査を中心に  (共著)  2002/03
74. 論文  広島大学  (共著)  2002/03
75. 論文  学級規模とティーム・ティーチングの教育的効果ー児童生徒の学力との関連を中心に  (共著)  2002/02
76. 論文  学級規模の教育上の効果―教員調査を中心に  (共著)  2001/03
77. 論文  戦後における小中学校の学級規模の縮小-教職員配置改善計画の政策効果分析  (共著)  2001/02
78. 論文  21世紀の教員養成の課題―良質の教員をどのように確保するか  (単著)  2000/10
79. 論文  組織の中での大学教員のモビリティー:日米独の比較  (単著)  1998/09
80. 論文  広島大学と地域社会  (単著)  1998/03
81. 論文  日本の研究システムにおける競争と協同  (単著)  1998/03
82. 論文  教員需要推計をめぐる研究動向  (単著)  1996/08
83. 論文  21世紀初頭までの都道府県別学校教員需要数推計  (単著)  1996/03
84. 論文  大学法人理事会の役員構成とその構造変化  (単著)  1996/03
85. 論文  戦後における学校教員の需給状況-児童数増減と退職者が織りなす都道府県間の多様性  (単著)  1996/03
86. 論文  大学における事務組織とその機能  (単著)  1996/03
87. 論文  日本の大学における研究活動に関する社会学的研究-分業を中心にして  (単著)  1993/03
88. 論文  解説:教育社会学研究の一断面  (単著)  1992/08
89. 論文  学問分野と学部・学科ーその対応関係の分析  (単著)  1992/03
90. 論文  学問分野と学部・学科ーその対応関係の分析  (単著)  1992/03
91. 論文  雑誌の引用からみた学問の専門分化と領域構成  (単著)  1991/03
92. 論文  日本の大学の組織的特性に関する因子分析  (単著)  1991/02
93. 論文  日本の大学授業に関する留学生の適応と批判ー数量的・記述的考察  (共著)  1990/03
94. 論文  日本の大学におけるオペレーティング・ユニットの組織構造  (単著)  1990/02
95. 論文  私立高等教育機関の組織変化のパターンとその要因  (単著)  1989/06
96. 論文  高等教育システムの理論モデルの検討  (単著)  1988/03
97. 論文  高等教育における研究機能と教育機能-分化と統合  (単著)  1987/12
98. 論文  高等教育における教授学習過程の社会学的研究  (共著)  1987/03
99. 論文  世界の学問センターを形成している科学者ーエリート科学者の社会的属性  (単著)  1986/03
100. 論文  高等教育システムの組織社会学的分析視角  (単著)  1985/12
101. 論文  新制大学の拡大過程  (単著)  1985/10
102. 論文  教員学生比率からみた日本の高等教育機関の教育条件  (単著)  1985/03
103. 論文  Prospects and Problems in Asian Higher Education  (共著)  1985/03
104. 論文  大学におけるティーチングの組織論的文脈  (単著)  1984/12
105. 論文  研究は教育に役立っているか  (単著)  1984/10
106. 論文  学歴研究の動向  (共著)  1983/09
107. 論文  科学における報賞の分布と配分-日本の化学を例にして  (単著)  1983/09
108. 論文  理工系学部教育の80年代の教育改革問題  (単著)  1983/03
109. 論文  大学院修了者の雇用構造と大学教授市場  (単著)  1983/03
110. 論文  科学の生産性とその階層化過程-マタイ効果の基礎理論-  (単著)  1982/12
111. 論文  大学教員の需要と供給  (単著)  1982/03
112. 論文  研究の目的と方法  (単著)  1982/02
113. 論文  ドイツ語圏における大学の階層構造と学者の移動  (単著)  1981/11
114. 論文  「ドイツ語圏における大学の階層構造ー18世紀末以降の医学の場合」  (単著)  1981/09
115. 論文  授業の理解度と大学院生活への満足度の規定要因  (単著)  1980/02
116. 論文  アカデミック・プロダクティビティーの比較研究  (共著)  1980/02
117. 論文  科学社会学における実証的方法  (単著)  1980/02
118. 論文  H.プレスナーにおける高等教育の社会学ー若手研究者の問題を中心にして  (単著)  1979/01
119. 論文  H.シェルスキーの教育社会学  (単著)  1978/12
120. その他 第5章 大学生調査データの追跡分析:自己評価と満足度を中心に  (単著)  2020/03
121. その他 広島大学教育学講座の歩み3―山崎博敏教授の語りから―  (共著)  2020/03
122. その他 我が国の私立大学・短大における幼・小教員・保育士養成機関の類型  (単著)  2020/03
123. その他 中教審「2040年グランドデザイン答申」で示された2040年の高等教育人口推計値の衝撃  (単著)  2020/03
124. その他 卒業生の就職と就職指導の満足度:平成30年度「大学教育に関する学生調査」から  (単著)  2019/09
125. その他 2040年の兵庫県私立大学の入学者募集の展望:中教審「2040年グランドデザイン答申」推計値を読む  (単著)  2019/03
126. その他 第5章 高校生調査ー四高校比較  (単著)  2019/03
127. その他 全国学力・学習状況調査:平成19年から令和の時代へ  (単著)  2019/02
128. その他 「学力の伸び」を測る「埼玉県学力・学習状況調査」の可能性  (単著)  2018/12
129. その他 高大接続の問題発生から高大入試の三位一体の改革へ  (単著)  2018/09
130. その他 教育委員会 「全国学力調査」を、施策にどういかせばよいか  (単著)  2017/09
131. その他 地域格差が子どもの教育に及ぼす影響-その是正と打破を目指して-    2015/05
132. その他 2021年以後の教員需要の急減と学校教育への影響    2015/04
133. その他 「自治体独自の学力調査」の実態と改善への期待  (単著)  2014/12
134. その他 教員需要5年後に急減  (単著)  2014/12
135. その他 台頭する私学の小学校教員養成とそのカリキュラム  (単著)  2014/05
136. その他 「全国学力調査」平均正答率の公表は何を意味するのか  (単著)  2014/03
137. その他 非正規教員急増の背景と今後の展望-35人学級化のインパクト  (単著)  2011/03
138. その他 教育の改善に全国学力・学習状況調査をどう活かすか:3回目を迎えた現在の課題  (単著)  2009/03
139. その他 国立教員養成学部主流の時代から一般学部との並立の時代へ  (単著)  2008/10
140. その他 全国学力調査結果をどのように活用するか  (単著)  2007/12
141. その他 「全国学力・学習状況調査」の実施上の留意点  (単著)  2007/04
142. その他 学力を伸ばす学習環境とは  (単著)  2006/12
143. その他 今日のアメリカの教員養成-カリキュラムと教育実習から日本は何を学ぶか  (単著)  2006/11
144. その他 朝の読書・質疑 学力高める-小中学生対象に授業方法など調査  (単著)  2006/11
145. その他 教員需給の現状と展望  (単著)  2005/07
146. その他 教員の需要予測と養成・採用・人事政策の課題  (単著)  2003/12
147. その他 戦後第3の大量採用時代が到来  (単著)  2002/04
148. その他 同窓会の現状と展望:広島大学  (単著)  2000/06
149. その他 ミシガン大学高等教育・中等後教育研究センターの大学院教育課程  (単著)  1999/03
150. その他 アメリカの州立大学における評価に基づく資源配分  (単著)  1999/02
151. その他 教育学研究科における研究と教育の課題ー教育学を中心としてー  (単著)  1997/03
152. その他 人文社会科学分野における博士号の取得年齢  (単著)  1992/11
153. その他 4年制大学の因子分析と分類の試み  (単著)  1991/07
■ 所属学会
1. 1978/08~ 中国四国教育学会
2. 2014/04~2017/03 ∟ 会長
3. 1978/08~ 日本教育社会学会
4. 2001/09~2009/09 ∟ 理事
5. 2003/09~2005/09 ∟ 庶務部長
6. 2015/09~ ∟ 評議員
7. 1986/08~ 日本教育学会
8. 2009/08~2011/08 ∟ 理事
9. 2009/08~ 日本高等教育学会
■ 委員会・協会等
1. 2005/11~2015/03 文部科学省「全国的な学力調査の実施方法に関する専門家会議」 委員
2. 2007/01~ 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
3. 2007/04~2008/03 大学基準協会 大学評価委員会現代社会学系専門評価分科会 委員
4. 2007/07~2008/03 文部科学省 大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会) 専門委員
5. 2008/05~2009/03 独立行政法人大学評価・学位授与機構 平成20年度大学機関別認証評価委員会 専門委員
6. 2016/09~2017/08 文部科学省「国立の教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議」 委員
7. 2017/03~2017/12 広島県 総合教育会議 外部有識者
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/11/21~ JICA研修アフリカ地域「INSET運営管理」コース
●作成した教科書、教材
1. 1989/06/01 平成26年度までは「日本の教師と教員養成」、平成27年度からは「教員研修の実際:大学と教育委員会の連携」をテーマとして、JICA中国センターにてアフリカの教育行政官を対象に英語及びフランス語(通訳付)にてそれぞれ半日間、講義を行っている。
2. 1992/10/01 教育と社会・制度(増補改訂)
3. 2000/03/01 教育社会学概論
4. 2008/03/20 大学と社会
5. 2014/04/01 教育の制度と社会