兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
   TOPページ   


  タダ アキオ
  多田 章夫   健康科学部 健康システム学科   教授
■ 保有学位
博士(医学)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~  健康な高齢者への運動介入による精神健康度向上及びストレス性物質分泌量変化の検証  基盤研究(C)  (キーワード:ストレスマネジメント)
■ 著書・論文歴
1. 論文  The relationship between vitamin C and periodontal disease: A systematic review  (共著)  2019/07
2. 論文  唾液腺の加齢変化に関する文献レビュー  (単著)  2019/03
3. 論文  Association of mastication and factors affecting masticatory function with obesity in adults: a systematic review.  (共著)  2018/05
4. 論文  Psychological effects of exercise on community-dwelling older adults.  (単著)  2018/02
5. 論文  The Associations among Psychological Distress, Coping Style, and Health Habits in Japanese Nursing Students: A Cross-Sectional Study.  (単著)  2017/11
6. 論文  Association between mastication and cognitive status: A systematic review.  (共著)  2017
7. 論文  CD56(dim)CD16(high) and CD56(bright)CD16(-) cell percentages associated with maximum knee extensor strength and incidence of death in elderly.  (共著)  2016
8. 論文  Factors affecting changes in compliance with infection control practices by dentists in Japan.  (共著)  2015/01
9. 論文  Systematic review of the association of mastication with food and nutrient intake in the independent elderly.  (共著)  2014/11
10. 論文  Factors influencing compliance with infection control practice in Japanese dentists  (共著)  2014/01
11. 論文  Quantification of periodontopathic bacteria in saliva using the Invader assay  (共著)  2012/09
12. 論文  Prevention of aspiration pneumonia (AP) with oral care  (共著)  2012/07
13. 論文  Attitudes toward HIV-infected patients, knowledge related to HIV/Universal precausions, and infection control practices of Jpanese dentists  (共著)  2011/07
14. 論文  A quick statistically accurate diagnosis for caries risk in the elderly  (共著)  2010/11
15. 論文  Opportunistic respiratory pathogens in the oral cavity of the elderly  (共著)  2010/10
16. 論文  Impact of routine oral care on opportunistic .pathogens in the institutionalized elderly  (共著)  2008/06
17. 論文  Role of salivary TNFα in HIV positive patients with oral manifestations.  (共著)  2007/08
18. 論文  Relationships of anti-Pac(361-386) peptide salivary IgA antibody, eosinophils, and basophils with periodontal status in elderly.  (共著)  2007/02
19. 論文  Relationship of cariogenic bacteria levels with periodontal status and root surface caries in elderly Japanese.  (共著)  2006/12
20. 論文  Association between commensal bacteria and opportunistic pathogens in the dental plaque of elderly individuals.  (共著)  2006/08
21. 論文  Post-operative infection by pathogenic micro-organisms in the oral cavity of patients with prostatic carcinoma.  (共著)  2006/01
22. 論文  Percentile curves for food acceptance response scores in assessing chewing functions in adults.  (共著)  2005/11
23. 論文  Status of reduced expression and hypermethylation of the APC tumor suppressor gene in human oral squamous cell carcinoma.  (共著)  2005/04
24. 論文  Relationship between oral motor dysfunction and oral bacteria in bedridden elderly.  (共著)  2004/08
25. 論文  Relationship between volatile sulfur compounds concentration and oral bacteria species detection in the elderly.  (共著)  2004/06
26. 論文  Sexual differences in oral health behaviour and factors associated with oral health behaviour in Japanese young adults.  (共著)  2004/03
27. 論文  Relationship between oral health behaviors and general health behaviors in a Japanese adult population.  (共著)  2003/09
28. 論文  Relationship between the number of remaining teeth and physical activity in community-dwelling elderly.  (共著)  2003/09
29. 論文  Down-regulation of FEZ1/LZTS1 gene with frequent loss of A264 heterozygosity in oral squamous cell carcinomas.  (共著)  2003/04
30. 論文  Sexual differences in smoking behaviour and dental caries experience in young adults.  (共著)  2003/04
31. 論文  Oral bacteria influenced by the functional status of the elderly people and the type and quality of facilities for the bed-ridden.  (共著)  2002/06
32. 論文  Reproducibility of oral bacterial isolation in the elderly.  (共著)  2002/04
33. 論文  The relation between tube feeding and Pseudomonas aeruginosa detection in the oral cavity.  (共著)  2002/01
34. 論文  The relationship between oral health status and biological and psychosocial function in the bedridden elderly.  (共著)  2001/09
35. 論文  Antagonistic effect of EGF against TGFβ1 on transformed phenotype and tropomyosin expression of human lung carcinoma A549 cells.  (共著)  2000/11
36. 論文  糖尿病と歯周疾患との関連について  (共著)  2000/03
37. 論文  Caries risk factors among 3-year old children in Chiba, Japan.  (共著)  1999/07
38. 論文  高齢者の口腔保健状態が日常生活自立度に及ぼす影響  (共著)  1999/05
39. 論文  Bone morphogenetic protein 2 suppresses the transformed phenotype and restores actin microfilaments of human lung carcinoma A549 cells.  (共著)  1998/09
40. 論文  Transforming growth factor ß1 increases the expressions of high molecular weight ropomyosin isoforms and vinculin and suppresses the transformed phenotypes in human lung carcinoma cells.  (共著)  1997/12
41. 論文  Characterization of bovine papillomavirus type 1-transformed clones which show distinct
transformed phenotypes.  (共著)  1988/06
42. 論文  Expression of human papillomavirus type 6b E2 gene product with DNA binding activity in insect cells (Bombyx mori) using a baculovirus expression vector.  (共著)  1988/05
43. 論文  Expression of the E2 open reading frame of papillomavirus BPV1 and HPV6b in silkworm by a baculovirus vector.  (共著)  1988/03
■ 学会発表
1. 1985/12 カイコ核多角体病ウイルス(BmNPV)を用いたウシパピローマウイルス(BPV)E2遺伝子の発現(第8回日本分子生物学会年会)
2. 1999/10 中高年者における歯周病と糖尿病との関連について(第58回日本公衆衛生学会)
3. 2002/10 寝たきり高齢者の口腔細菌叢について(第61回日本公衆衛生学会)
4. 2004/10 歯周疾患におけるS.mutansの歯表面付着阻害抗体の意義(第54回日本口腔衛生学会)
5. 2005/10 歯科医療における院内感染対策の現状について(第55回日本口腔衛生学会)
6. 2006/10 Factors Improving Satisfaction with Oral Functions of Japanese Adults Having a Regular Dentist.(第56回日本口腔衛生学会)
7. 2007/10 歯科医療における院内感染対策の導入とその対策について(第57回日本口腔衛生学会)
8. 2010/11/21 Predoction of potential caries risk of elderly by combination of the modified Saliva check SMTM and the quantitative saliva sIgA method(第58回国際歯科研究学会日本部会学術大会)
9. 2011/10/09 Attitudes towards HIV Infected Patients, Knowledge Related to HIV/Universal Precautions, and Infection Control Practices in Japanese Dentists(第59回国際歯科研究学会日本部会学術大会)
10. 2012/05/26 日本人歯科医師の感染症患者に対する態度、知識、院内感染防止対策 -3年間の比較―(第61回日本口腔衛生学会総会)
11. 2013/08 Factors influencing compliance with infection control practice in Japanse dentists.(2nd Meeting of the International Association for Dental Research)
12. 2013/10 Mechanism of oral colonization by respiratory pathogens and prevention of aspiration pneumonia (AP) with oral care.(1st Annual World Congress of Geriatrics and Gerontology)
13. 2014/05 日本人歯科医師の院内感染防止対策に関連する因子ー3年間の推移からの検討ー(第63回日本口腔衛生学会総会)
14. 2015/11 地域高齢者における運動プログラム介入による精神的健康度やストレス性物質の変化(第74回日本公衆衛生学会総会)
15. 2016/10 地域高齢者における運動プログラム介入による精神的健康度やストレス性物質への影響の解析(第75回日本公衆衛生学会総会)
16. 2018/10/24 看護学生における心理的苦痛・コーピングスタイル・生活習慣の関連(第77回日本公衆衛生学会総会)
17. 2019/10/24 成人におけるビタミンCと歯周疾患との関連―システマティックレビュー作成の試み(第78回日本公衆衛生学会総会)
■ 社会における活動
1. 1995/04~2008 【市民等に対する保健指導,健康教育等】 母子歯科保健事業において,市民に対し保健指導を行う
2. 1995/06~2008 【市民等に対する保健指導,健康教育等】 歯の衛生週間イベントに参画する
3. 1996/04~2008 【関係団体との協議会等】 千葉市8020運動推進協議会に参画する
4. 1999/04~2008 【市民等に対する保健指導,健康教育等】 公立保育所職員(看護師,保育士)に対する歯科保健研修に参画する
5. 2000/04 千葉市の歯周疾患検診平成13年からの実施に向けての準備に参画する
6. 2001/04~2003 千葉市病診連携推進会議に参画する
7. 2001/04~2005 【市民等に対する保健指導,健康教育等】 糖尿病予防教室参加者に対し健康教育を行う
8. 2001/04 【行政計画策定】 健康日本21の千葉市地方計画(新世紀ちば健康プラン)の策定に参画する
9. 2003/04~2006 千葉市の健康危機管理対策に参画する
10. 2003/04 千葉市結核・感染症発生動向調査委員会に参画する
11. 2004/04~2006 【行政計画策定】 新世紀ちば健康プランの見直しに参画する(全ての分野に関してチーフとして従事する)
12. 2004/04 【行政計画策定】 保健医療計画策定の基礎調査に参画する
13. 2006/04 【行政計画策定】 千葉市保健医療計画策定に参画する(保健衛生全般的な内容に関してチーフとして従事する)
14. 2006/08~2006/09 Journal of Epidemiology and Community Healthに投稿された論文の査読を行う
15. 2008/10 千葉市の妊産婦歯科健診平成21年度からの実施に向けての準備に参画する
16. 2010/04~ 東播磨圏域健康福祉推進協議会に健康づくり部会長として参画する
17. 2010/04~ 東播磨圏域健康福祉推進協議会に委員として参画する
■ 所属学会
1. 1989/10~2009/03 日本ウイルス学会
2. 1994/06~ 国際歯科学会
3. 1996/12~ 日本口腔衛生学会
4. 1998/07~ 日本公衆衛生学会
■ 委員会・協会等
1. 1995/04~2008 千葉市ねたきり老人・心身障害者歯科診療運営委員会 委員
2. 1996/10 「8020データバンク」検討委員会 委員
3. 2003/04~2006 千葉市訪問看護ステーション運営委員会 委員
4. 2010/04/01~ 東播磨圏域健康福祉推進協議会 委員
5. 2010/04/01~ 東播磨圏域健康福祉推進協議会 健康づくり部会 部会長
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2004~2008 健康行動の変容に関連するTranstheoretical Modelの構成要素である自己効力感を高める手法
●作成した教科書、教材
1. 2000/03 教育用パンフレット「歯の健康を考える」
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1995~2008 健康教育
2. 1996~2002 講義
3. 2000/11 講義
4. 2002~2005 口腔衛生に関する教育
5. 2004~2006 講義
6. 2006 教育
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1996~1998 千葉県自治センター自主研究グループ研究活動報告
2. 1997 大同生命厚生事業団 第3回地域保健福祉研究助成研究事業報告
3. 1997~1999 厚生省地域保健推進特別事業
4. 1998/03 千葉市口腔保健対策特別事業実績報告書