兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
   TOPページ   


  シラガミ サチコ
  白神 佐知子   看護学部 看護学科   准教授
■ 保有学位
修士(看護学)
■ 著書・論文歴
1. 著書  二重の喜びを味わえる看護教員  (共著)  2009/06
2. 著書  学生との出会い  (共著)  2004/06
3. 著書  忘れられない笑顔  (共著)  2004/04
4. 著書  こころからの言葉  (共著)  2002/04
5. 論文  成人看護学ICU見学実習における看護学生の学び  (共著)  2011/03
6. 論文  成人看護学における体験学習の効果―食事療法の理解への課題を分析してー  (単著)  2006/12
7. 論文  学生が主体的に取り組むThe Nursing College Seminar  (共著)  2006/12
8. 論文  看護ジレンマに対する学生の対処過程の変化とその要因  (単著)  2005/12
9. 論文  臨地実習での学生の看護ジレンマ(第1報)―看護ジレンマの対処過程と教育的対応―  (共著)  2005/03
10. 論文  看護学生の看護ジレンマの構造―臨地実習で感じた看護ジレンマ記録の分析―  (共著)  2005/01
11. 論文  看護倫理教育と看護学生の看護ジレンマに関する研究の動向,-ライフコース研究会での取り組みー  (共著)  2004/12
12. 論文  看護学生の看護ジレンマの構造と看護基礎教育における倫理教育の課題,―コールバーグ理論を基にー、  (共著)  2004/12
13. 論文  成人看護学実習での学生のジレンマージレンマの対処過程と教育的対応―(再掲)  (共著)  2004/11
14. 論文  臨地実習における医療事故防止に向けての教育上の課題―SHELモデルを用いたインシデントの分析からー(再掲)  (共著)  2003/12
15. 論文  臨地実習前の看護学生のMSTの特徴  (共著)  2003/12
16. 論文  看護学生の実習前の自我状態の傾向  (共著)  2003/12
17. 論文  看護基礎教育における実習場面での看護ジレンマに関する予備的調査―基礎看護学実習Ⅰを経験した学生の体験を通してー  (共著)  2003/12
18. 論文  臨地実習での学生の困惑場面における指導上の視点と指導者の特性との関係―紙上場面を用いてー  (共著)  2000/12
19. 論文  成人看護学慢性期実習における透析センター見学実習の意義(再掲)  (共著)  1999/12
20. 論文  成人看護学慢性期実習におけるICU見学実習の意義(再掲)  (共著)  1999/12
21. 論文  成人看護学実習における学生への学習効果―実習総括記録内容の分析を通してー (再掲)  (共著)  1998/02
22. 論文  看護過程演習の臨床実習における役立ちの検討―成人実習終了時、学生アンケート調査よりー(再掲)  (共著)  1997/12
23. 論文  学生に期待する臨地実習での学びーその2臨床指導者と教員の討議のまとめー  (共著)  1997/12
24. 論文  成人看護学における看護過程演習の効果と今後の課題―看護学生へのアンケート調査の分析結果よりー (再掲)  (共著)  1996/12
■ 学会発表
1. 1996/02 臨床実習における学生の学びと看護への深まりー学生の実習記録の分析からー(岡山県看護協会阿新支部看護研究発表会)
2. 1996/08 成人臨床実習初期における教員の役割―学生が患者の看護に焦点をあてるためにー(岡山県看護教育学会)
3. 2000/08 臨地実習での学生の困惑場面に対する指導上の視点と関わり方―紙上場面を用いてー(第31回日本看護学会 看護教育)
4. 2000/10 臨地実習での学生の困惑場面に対する指導上の視点と指導者の特性との関係―紙上場面をもちいてー(岡山県教育・管理・総合看護学会)
5. 2003/08 看護基礎教育における実習場面での看護ジレンマに関する予備的調査―基礎看護学実習Ⅰを経験した学生の体験を通してー(第34回日本看護学会 看護教育)
6. 2004/02 臨地実習における安全教育への検討と課題―SHELモデルを用いたインシデントの分析からー(岡山県看護協会阿新支部、阿新看護研究)
7. 2004/03 看護学生の倫理的感受性への臨地実習の影響―MSTを用いた分析―(第11回臨床看護研究学会,岡山大学医学部保健学科)
8. 2004/07 看護学生の倫理的感受性への臨地実習の影響―その2MSTを用いた比較―(第30回日本看護研究学会、(大宮))
9. 2004/07 成人看護学実習での学生のジレンマージレンマの対処過程と教育的対応―(第35回日本看護学会 看護総合)
10. 2004/08 看護学生の看護ジレンマの構造―臨地実習で感じた看護ジレンマの記録の分析―(第35回日本看護学会 看護教育)
11. 2004/12 臨地実習での学生の看護ジレンマ(第1報)-看護ジレンマの対処過程と教育的対応―(第24回日本看護科学学会学術集会, 東京国際フォーラム)
12. 2004/12 臨地実習での学生の看護ジレンマ(第2報)-看護ジレンマを感じた学生の事例を通してー(第24回日本看護科学学会学術集会, 東京国際フォーラム)
13. 2007/08 .臨地実習中における看護学生の食習慣を中心とした健康管理(2)―保育所実習との関連性―(第38回日本看護学会 看護教育)
14. 2007/08 臨地実習中における看護学生の食習慣を中心とした健康管理(1)―成人看護学実習と授業課題との関連性―(第38回日本看護学会 看護教育)
15. 2010/08 成人看護学ICU見学実習における看護学生の学び(全国看護管理・教育・地域ケアシステム学会,第4回学術大会)
16. 2012/02 職業を持つ乳がん術後患者の身体的変化の受けとめ方と対処(第26回日本がん看護学会学術集会)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1994~2008 授業における体験学習、演習
2. 1995~2008 実習前・中・後の演習の取り組み、討論形式の教育
3. 1996/12 成人看護学における看護過程演習の効果と今後の課題―看護学生へのアンケート調査の分析結果よりー
4. 1997/12 看護過程演習の臨床実習における役立ちの検討―成人実習終了時、学生アンケート調査よりー
5. 1998/12 成人看護学実習における学生への学習効果―実習総括記録内容の分析を通してー
6. 1999/12 成人看護学慢性期実習におけるICU見学実習の意義
7. 1999/12 成人看護学慢性期実習における透析センター見学実習の意義
8. 2002~2008 実習前・中・後の演習の取り組み、討論形式の教育
9. 2002~2008 レポート課題と発表
10. 2003~2008 実習到達度試験の作問
11. 2004/02 臨地実習における安全教育への検討と課題―SHELモデルを用いたインシデントの分析からー
12. 2004/11 成人看護学実習での学生のジレンマージレンマの対処過程と教育的対応―
13. 2006/12 成人看護学における体験学習の効果―食事療法の理解への課題を分析してー
14. 2008/04~2010 成人看護援助論の授業におけるレポート課題と発表会
15. 2008/04~2010/03 成人看護援助学での体験学習、看護技術演習
16. 2009~2011 国家試験への学習支援 実習到達度試験の作問
17. 2009~2011 実習前・中・後の演習の取り組み、討論形式の教育
18. 2010/08 成人看護学ICU見学実習における看護学生の学び
19. 2011/04~2012/03 統合実習前・後の演習の取り組み、討論形式の教育
●作成した教科書、教材
1. 1994 講義資料の作成
2. 1994 ギプス作成
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2002/12 学生による授業評価Vol.1(平成14年度)・学生による授業評価Vol.2(平成15年度)
2. 2010/07 学生による授業評価
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2002/12~2003/03 FDワークショップの参加・FD委員会委員
2. 2004/04~2006/03 保健委員長
3. 2006/04~2007/03 FDワークショップの参加・FD委員会委員
4. 2009/04~2010/03 FDワークショップの参加・FD委員会委員
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1997/09 看護診断の考え方について講義。(重井病院学習会にて)
2. 1998/05 看護診断の基礎的な考え方について講義(倉敷第一病院学習会)
3. 1998/06 看護研究について講義および看護研究の講評(高梁中央病院学習会)
4. 2000/10 介護技術について講義およびデモスト(岡山県青年団協議会)
5. 2001/01 厚生省認定岡山県看護教員養成講習会修了
6. 2001/10 在宅における介護技術の実際について講義およびデモスト(岡山県青年団協議会)
7. 2001/12 循環器疾患看護における看護診断の考えかたや実践について講義(心臓病センター榊原病院学習会)
8. 2004/11 新見公立短期大学公開講座(新見公立短期大学)
9. 2005/02 4病院看護職による看護研究4題の講評(岡山県看護協会阿新支部)
10. 2007/07 出張講座(島根県高校)
11. 2009/04 看護研究指導(広島県看護協会)