兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
   TOPページ   


  ホヅミ タカヒロ
  穂積 隆広   共通教育機構 共通教育機構   准教授
■ 保有学位
博士(工学)
■ 現在の専門分野
  情報処理 (キーワード:インターネットの活用) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Comparison of Logic Operators for Usein Multiple-Valued Sum-of-Products Expressions  (単著)  1999/05
2. 論文  Minimization of Switching Funtions Using Neural Networks  (共著)  1998/04
3. 論文  Multiple-Valued Logic Design Based on Gate Model Networks  (共著)  1998/01
4. 論文  Logic Synthesis of Multiple-Valued Switching Functions Using Neural Networks  (単著)  1997/03
5. 論文  On Minimization of Multiple-Valued Sum-of-Products Expression with Multiple-Valued TRSUM  (共著)  1997/03
6. 論文  Design of MIN-of-TSUM Form Multiple-Valued PLAs Using Universal Literals  (共著)  1997/03
7. 論文  Minimization of Multiple-Valued Logic Expressions with Kleenean Coefficients  (共著)  1996/03
8. その他 学士課程教育の質保証に関する研究Ⅳ 第4章 短期大学生調査―二短期大学比較  (単著)  2021/03
9. その他 学士課程教育の質保証に関する研究Ⅲ 第4章 短期大学生調査―三短期大学比較  (単著)  2020/03
10. その他 学士課程教育の質保証に関する研究Ⅱ 第4章 短期大学生調査―三短期大学比較  (単著)  2019/03
11. その他 学士課程教育の質保証に関する研究Ⅰ 第4章 短期大学生調査―二短期大学比較  (単著)  2018/03
12. その他 An Evolutionary Computing Approachto Multi level Logic Synthesis Using Various Logic Operations  (共著)  2000/05
13. その他 An Evolutionary Computing Approach to Multi level Logic Synthesis with No Restriction of Logic Operations  (共著)  1999/08
14. その他 The Output Permutation for the Multiple-Valued Logic Minimization with Universal Literals  (共著)  1999/05
15. その他 On Low Cost Realization of Multiple-Valued Logic Functions  (共著)  1998/05
16. その他 Multiple-Valued Logic Minimization by Genetic Algorithms  (共著)  1997/05
17. その他 An Application of Neural Computing to Fuzzy Logic Minimizer  (共著)  1995/11
18. その他 Multiple-Valued Logic Design Using Multiple-Valued EXOR  (共著)  1995/05
19. その他 System Design Based on Neural Computing  (共著)  1994/08
20. その他 Gate Model Networks for Minimization of Multiple-Valued Logic Functions  (共著)  1993/05
■ 学会発表
1. 1994/01 多値論理回路設計CAD-ゲートモデルネットワーク-(多値論理とその応用技術研究報告, Vol. MVL-94, No. 1)
2. 1995/01 多値EXORを用いた多値論理設計(多値論理とその応用技術研究報告, Vol. MVL-95, No. 1)
3. 1995/07 EXORを用いた多値論理関数の簡単化(多値論理研究ノート, Vol. 18)
4. 1996/01 多値積和表現向き演算子に関する一考察(多値論理とその応用技術研究報告, Vol. MVL-96, No. 1)
5. 1997/03 ニューラルネットワークを用いた最適化と知識獲得(電子情報通信学会総合大会論文誌, D-2-26 )
6. 1997/07 多値積和表現における演算子の最適な組合せ(多値論理研究ノート, Vol. 20)
7. 1999/01 出力割当を用いた電流モードCMOS回路のコスト削減(多値論理とその応用技術研究報告, Vol. MVL-99, No.1)
■ 所属学会
1. 1991/12~ 電子情報通信学会
2. 1993/05~ IEEE
3. 1997/11~ 情報処理学会
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/04~2021/03 データベース
2. 2009/04~2020/08 ウィンドウプログラミング
3. 2013/04~ プログラミング入門
4. 2017/04~ コンピュータリテラシー