兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
   TOPページ   


  ホリイケ サトシ
  堀池 聡   現代ビジネス学部 現代ビジネス学科   教授
■ 保有学位
博士(工学)
■ 現在の専門分野
  情報学 (キーワード:分散システム、並列計算機、アルゴリズム) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  マルチキャスト通信の暗号鍵に対するフラット構造から階層構造への変換方式  (単著)  2012/03
2. 論文  マルチキャストにおける複数ノードの同時離脱について  (共著)  2010/03
3. 論文  異方性ドロネー三角形分割による地図の幾何補正方式  (共著)  2008/11
4. 論文  Mid ART-Middle ware for Real-Time Distributed Systems for Industrial Applications  (共著)  2001/04
5. 論文  Recent Development in open systems for EMS/SCADA  (共著)  1998/02
6. 論文  Modeling and simulation for performancees timation of open distributed energy management systems  (共著)  1996/02
7. 論文  鉄鋼搬送ラインの自動制御システムにおけるソフトウェア再利用モデル  (共著)  2005/01
8. 論文  ソフトウェア開発プロセス・手法の革新への取り組み  (共著)  2003/07
9. 論文  製造ラインにおけるトラッキングと履歴管理のための時間/場所/物体モデル  (共著)  2000/04
10. 論文  フィールドオブジェクトシステム  (共著)  2000/02
11. 論文  例題拡張による実時間制御システムの開発  (共著)  1999/03
12. 論文  オ-プン分散型系統監視制御システムの性能評価シミュレ-タ  (共著)  1996/12
13. 論文  分散並列システムの構築技術に関する研究(博士論文)  (単著)  1993/05
14. 論文  ハイパキュ-ブ計算機における通信効率化のためのタスクマッピング手法  (単著)  1990/09
15. 論文  プロセッサ数の制限下におけるシストリックアレーの設計法  (共著)  1987/05
16. 論文  潮流計算のVLSI向き並列処理ア-キテクチャ  (共著)  1985/09
■ 学会発表
1. 1984 Data Depedence Vectorの線形変換によるLU分解用シストリックアレイの導出(情報処理学会全国大会)
2. 1984/04 潮流計算用データフローアーキテクチャ(電気学会全国大会)
3. 1984/06 シストリックアルゴリズムに基づくコンボリューションチップの試設計(電子通信学会回路とシステム研究会 資料番号:CAS83-129)
4. 1984/06 ベクトル・行列演算向きシストリックアーテクチャのマッピングアルゴリズムによる導出と評価(電子通信学会回路とシステム研究会 資料番号:CAS84-46)
5. 1984/08 VLSIによる潮流計算のためのシストリックアーキテクチャ(電気学会電力技術研究会 資料番号:PE-84-95)
6. 1986/01 シストリックに結合されたVLSIプロセッサアレーへのタスク割りふりの一手法(電子通信学会回路とシステム研究会 資料番号:CAS85-174)
7. 1987/04 Fifth Distributed Memory Computing Conference(ICASSP '87)
8. 1988/05 ハイパーキューブ結合の並列計算機におけるタスクアロケーション手法(電子情報通信学会コンピューテーション研究会 資料番号:COMP88-64)
9. 1988/06 コネクションマシンによる英文文章間の相関値計算(電子情報通信学会コンピュータシステム研究会 資料番号:CPSY88-5)
10. 1989/04 ハイパーキューブ構造の並列計算機における再帰的マッピングアルゴリズム(電気学会全国大会 12)
11. 1989/05 通信距離の評価に基づくハイパーキューブ計算機のタスクアロケーション手法(電子情報通信学会回路とシステム研究会 資料番号:COMP89-5)
12. 1989/08 再帰的結合方式の並列計算機におけるタスクマッピング手法について(電子情報通信学会コンピュータシステム研究会 資料番号:CPSY89-44)
13. 1989/08 ハイパーキューブ型分散構造を指向したタスクマッピング手法とその電力への応用(電気学会電力技術研究会 資料番号:PE-89-162)
14. 1990/04 A Task Mapping Method for a Hypercube by Combining Subcubes(Fifth Distributed Memory Computing Conference)
15. 1990/07 電力系統監視制御機能の分散処理について(電気学会電力技術研究会 資料番号:PE-90-132)
16. 1992/03 監視制御用分散計算機システムにおける高信頼化手法(電子情報通信学会春季大会(6)資料番号:D-256)
17. 1992/05 シミュレーションによる分散システムの性能評価(システム制御情報学会研究発表講演会 資料番号:4053)
18. 1992/08 分散型計算機システムのモデル化とシミュレーション(電気学会電子情報システム部門大会 B-2-1)
19. 1994 A Simulator for Performance Estimation of Open Distributed Computer Control Systems(DCCS '94)
20. 1996/12 二重化LANの状態監視方式(電子情報通信学会総合大会講演論文集 1995年.情報・システム(1))
21. 1996/12 ATMのプラントシステム適用における高信頼化方式(電子情報通信学会技術研究報告. FTS 96(397))
22. 1998/12 製造ライン監視制御のためのホットスタンバイ型システムの実現(電子情報通信学会技術研究報告. FTS 98(488))
23. 1998/12 予測困難な遅延に強いリアルタイム・タスク管理方式(電子情報通信学会技術研究報告. FTS 98(488))
24. 2004/03 自動制御領域におけるソフトウェア生産性向上への取り組み(電気学会研究会資料 金属産業研究会 2004(1))
25. 2004/09 A reusable object model for integrating design phases of plant systems engineering(CIT '04)
26. 2006/03 クラス図に埋没する構造の管理とその応用の提案(情報処理学会全国大会講演番号:6A-4)
27. 2006/09 故障記録の傾向分析と保守情報の問い合わせによる不具合への早期対応(第5回情報科学技術フォーラム pp.113-pp.114)
28. 2007/09 異方性ドロネー三角形分割による地図の幾何補正(第6回情報科学技術フォーラム pp.11-pp.12)
29. 2013/03 複数メンバの同時離脱に対するグループ暗号鍵の更新(電子情報通信学会技術報告)
30. 2014/09/05 暗号処理を題材とした表計算の関数学習(平成26年度教育改革ICT戦略大会)
■ 受賞学術賞
1. 1993/03 電気学会 「論文発表賞」受賞 電気学会電子情報システム部門で発表した「分散計算機システムのモデル化とシミュレーション」の論文で受賞。
■ 取得特許
1. 1995/05 イメージデータと処理データの処理システムに関する特許 ((日)特願昭61-240701)
2. 1995/12 イメージデータの認識処理党の前処理に適用する線幅測定方式 ((日)特願昭61-156310)
3. 1998/07 ハイパーキューブ型並列計算機のタスク割当方法に関する特許 ((日)特願平01-047505)
4. 2003/04 汎用ネットワーク上でリアルタイム通信を実現するための方式 ((日)特願平10-122576)
■ 所属学会
1. IEEE
2. 情報処理学会
3. 電子情報通信学会
4. 電気学会
■ 委員会・協会等
1. 1997/05~2001/05 電子情報通信学会フォールトトレラントシステム専門委員会 委員
2. 2000/05~2002/03 IEC TC57 WG13 国内委員
3. 2002/06~ 電気学会 論文委員会(C2グループ) 委員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2007/04~ 毎授業内容の位置づけの強調
2. 2007/04~ 出欠管理を兼ねた演習の実施
3. 2007/04~ パワーポイントによる講義内容の作成
4. 2007/04~ 基本事項の徹底
●作成した教科書、教材
1. 2007/04~ 情報通信技術の講義資料
2. 2007/04~ コンピュータ基礎論の講義資料
3. 2007/10 情報科学入門の講義資料
4. 2007/10 情報ネットワークの講義資料
5. 2008/04 情報セキュリティの講義資料
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2006/10 兵庫大学経済情報学部教員選考委員会による評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1986/09~1987/09 米国マサチューセッツ工科大学での客員研究員としての留学体験
2. 1993/03 電気学会論文発表賞 受賞
3. 1998~2003 三菱電機技術ゼミナール「システム構築講座」を運営
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1982/04~1986/08 シストリックアレイに関する研究開発
2. 1984/08~1986/03 図面管理システムの開発
3. 1986/09~1987/09 MITにて超並列計算機コネクションマシンのプログラミング
4. 1987/10~1990/05 ハイパーキューブ型並列計算機に関するタスク割当の研究開発
5. 1990/06~1991/06 ブラジルUniCamp大学からの客員研究員との共同研究
6. 1990/06~1996/04 オープン分散型系統制御システムの開発
7. 1996/04~2000/04 リアルタイム分散システムの開発
8. 2000/05~2002/03 海外向け系統SCADAの開発
9. 2002/03~2007/03 ソフトウェアシステムの生産性向上に関する研究