兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  ワダ ミツノリ
  和田 光徳   生涯福祉学部 社会福祉学科   教授
■ 標題
  緩和ケアにおけるケア哲学とリハビリテーション概念
■ 概要
  近年、緩和ケア場面におけるリハビリテーションの適用が推進されるようになった。それ以前は、がん終末期にある人々のスピリチュアルケアの側面の強い報告が主体であったが、緩和ケアに対する施策的取り組みの変化も相まって、終末期に関わらずリハビリテーションを積極的に導入することが増えている。この時、緩和ケア、特にがん終末期にある患者・家族の「実存」といったことに、リハビリテーションはどう向き合うのかという課題が出てきた。この課題に対して、Existential Socialworkの視点を考察し、ソーシャルワークの立場から、終末期にある患者・家族へのリハビリテーションを支えるケア哲学の必要性について論じた。
  林部 博光、中俣 恵美、和田 光徳
   共著   総合福祉科学研究第3号   関西福祉科学大学   pp.55-66   2012/03