兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  ワダ ミツノリ
  和田 光徳   生涯福祉学部 社会福祉学科   教授
■ 標題
  高齢者虐待に挑む(増補版)
 -発見、介入、予防の視点
■ 概要
  大きな社会問題となりつつあった高齢者虐待にいち早く注目し、研究、研修、予防、啓発とその活動のすそ野を広げてきた「高齢者虐待防止研究会」(大阪、1994~)の実績を元に、高齢者虐待防止の手引書として編集された。こうした研究会の活動や実証研究が、ある意味後押しとなって平成18年の高齢者虐待防止法という法整備にいたる流れをつくったと考えられる。平成17年に一旦取りまとめ、発刊しているが、直後に防止法が成立、施行されたため、平成18年に防止法に合わせた内容に加筆した増補版を発刊した。法では規定されなかった自己放任(セルフネグレクト)について、米国においてケアマネージャー等支援者の困難事例として半数があげられる実態を指して、高齢者の人権の観点から先駆的に虐待に含めるべきと提言している。(全308頁)
  津村智恵子、大谷昭、和田光徳 他15名
   共著   中央法規   2006/02