兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  シオ ムツエ
  塩 霧都恵   看護学部 看護学科   講師
■ 標題
  看護学生が臨地実習でインシデントを起こした後の教育的かかわり-看護学生・実習指導者それぞれの立場から検討する
■ 概要
  今回は学生側と実習指導者の分析から、学生への教育的なかかわりを考えた。
1.学生は患者の状況に大きく影響され、危険予知力が弱く、インシデントを起こす大きな要因となっていた。
2.実習指導者は患者の安全を第1に考え、失敗しても継続させることで失敗からの学びができるようにかかわっていた。
3. 学生の成長につながる指導は、学生を支持し、インシデントの振り返りを一緒にすることでインシデントを学びに変えることである。
  土屋 八千代
   共著   第46回日本看護学学会論文集 看護教育 p151-154   日本看護協会   pp.151-154   2016/04