兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  フルタ カオリ
  古田 薫   健康科学部 健康システム学科   教授
■ 標題
  「親と学校のパートナーシップについての考察―親の学校参加の今日的意義と課題―」
■ 概要
  学校教育における親の伝統的役割は価値観や行動を学校の期待に合わせ、教師が教育という責務を果たすことを支援することにあった。このことが「学校化社会」をもたらし、学校的価値観の蔓延はさまざまな学校問題を生んだ。このような学校問題を克服するためには、親は単なる支援者ではなく、教師の「パートナー」として、また学校教育の「資源」としての役割を果たしていく必要があることを示した。
100~113ページ
   単著   京都大学大学院教育学研究科紀要』第51号   2005/03