兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  コダマ タク
  兒玉 拓   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  S-carboxymethylcysteine normalises airway responsiveness in sensitised and challenged mice
■ 概要
  Sカルボキシメチルシステインは呼吸器疾患の治療に多用されている。しかし、気管支喘息に対する治療効果は不明である。本実験ではSカルボキシメチルシステインの効果について喘息マウスモデルを用いて検証した。本実験の結果、Sカルボキシメチルシステインは気道炎症を抑制する効果が認められた。
  Takeda, K., Miyahara, N, Kodama, T. et al
   共著   Eur Respir J   pp.577-585   2005/04