兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  タカミ チエ
  高見 千恵   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  大学生の将来設計と性意識・行動の調査
-青年期ピアカウンセリングの基礎資料として-
■ 概要
  価値観および将来設計と性の意識・行動の実態から青年期ピアカウンセリング実施上の基礎資料を得る目的で大学生に質問調査を実施した。その結果、①自分の性を考えたことのない人は20.5%で、女性・性交経験別、性交経験・男女別で有意差があった。②自分の性に違和感をもった人が3.5%いた。③自分自身の将来について考えた人は98.1%、結婚について考えた人は88.5%で性交経験あり群の男女別で有意差があった。これらのことから、男女別・性交経験別で異なる特性があること、自分の性に違和感をもつ人がおり配慮が求められること、思春期ピアカウンセリング講座で必須の人生設計を考えるエクササイズ大学生にも有効であること等が示唆された。
  忠津佐和代、高見千恵、梶原京子
   共著   思春期学第27巻第2号   pp.211-221   2009/06