兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  マツダ ノブキ
  松田 信樹   生涯福祉学部 こども福祉学科   准教授
■ 標題
  青年期から成人期における死の不安の発達的変化
■ 概要
  青年期および成人期における死の不安の内包的構造を因子分析によって探索的に検討した。その結果、青年期における死の不安は「対自的次元」と「対他的次元」の2元的構造で把握可能であるのに対し、成人期以降は、「時間的展望次元」を加えて、3次元構造で把握可能であることが示唆された。死の不安の年齢による量的変化を男女別に検討したところ、男性に比して女性の方が対他的次元の死の不安が高いこと、女性の対他的次元の死の不安は10歳代および20歳代において高く、30歳代および40歳代になると低下することが示された。
  松田信樹
   単著   神戸大学大学院教育学研究科修士論文   神戸大学大学院教育学研究科   1999/03