兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  ミウラ マミ
  三浦 摩美   保育科 保育科   准教授
■ 標題
  「根源への移行―ハイデッガーに於ける『現』」
■ 概要
  ハイデッガーが用いる「現存在」(Dasein)という述語の意味の変遷を、1『有と時』における「現存在」の「現」2『真性の本質』における「現存在」の「現」3性起における「現存在」の「現」の三つの時期区分において考察した。それぞれの時期における「現」の様相と、「現」という「開け」(Lichtung)が開かれる場所の究明を通じて、「有と人間との共属」と「有と有るものとの差異」の結節点としての性起の思索の射程と問題点とを課題的に述べた。
   単著   龍谷大学大学院研究紀要人文科学   第17集   pp.1-9   1996/01