兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  カネコ サトシ
  金子 哲   共通教育機構 共通教育機構   教授
■ 標題
  印南野の中世雑考6─明徳年間(1390〜94年)前後の印南野台地開発
■ 概要
  兵庫県加古郡稲美町国安の地蔵山墓地には、14世紀後半の花崗岩製石造物が三基存在するが、いずれも西大寺流新義律派の関与したものである。同墓地近くの天満大池には、1390年に南都の律僧が怪異現象を収めたとの伝承が存在するが、同派が使用不能になっていた天満大池を改修した事実の反映である。天満大池を管理した国安天満神社の別当寺であった円光寺は西大寺の末寺であった。先年筆者が1394年の龍山石製阿弥陀如来座像を森安南霊園で発見したが、これは天満大池改修による新しい開発・村づくり運動に関係している。
  金子 哲
   単著   印南野文華   印南野半どんの会   pp.26-28   2019/01