兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  カトウ チカコ
  加藤 知可子   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  精神看護実習前後における精神障害者に対する看護学生の印象の変化とその関連要因の考察
■ 概要
  【目的】精神看護実習において、看護学生は精神障害者に対してどのような印象を持ち、実習後に印象はどのように変化するかを明らかにする。
【方法】看護学生100名を対象に自由記述式質問紙にて精神障害者への印象を調査し、KJ法にて質的分析を行った。
【結果】実習前は精神障害者に不安、恐怖、困惑、戸惑いなどを持つが、実習後には感じる力・表現する力があると肯定的に捉えていた。
【展望】本研究は、精神看護実習を通して、精神看護における患者―看護者の関係形成のためには、精神障害者への印象を用いて、看護学生の自己洞察に役立った。
(p.47~p.51)
   単著   日本医学看護学教育学会誌 47-51   13巻   2004/07