兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  カトウ チカコ
  加藤 知可子   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  精神看護実習での心理療法士参加によるカンファレンスの導入に関する検討
-プロセスレコードを活用して-
■ 概要
  【目的】精神看護において、患者・看護者の関係形成に必要なコミュニケーション技術や自己洞察の方法を学習するため、精神看護実習における心理療法士、実習指導者、教員、学生の参加によるプロセスレコードの事例を用いたカンファレンスを行い、その実施可能性を検討した。
【方法】看護学生100名を対象に、精神看護実習でのプロセスレコードの事例を用いたカンファレンスを行い、実施直後に自由記述式の質問紙にてカンファレンスの感想を調査した。
【結果】心理療法士参加による、プロセスレコードの事例を用いたカンファレンスは、患者―看護者の関係形成に必要なコミュニケーション技術や学生の自己洞察を学習できることが明らかとなった。
【展望】精神看護において、患者・看護者の関係形成に必要なコミュニケーション技術や自己洞察を学習でき、さらに精神看護を担うチームケアの一員として心理療法士と協働する能力を養うことにつながった。(p.188〜p.190)
   単著   第36回日本看護学会論文集看護教育  188-190   2005/12