兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  ヨシハラ ケイコ
  吉原 惠子   生涯福祉学部 社会福祉学科   教授
■ 標題
  『「学校知の見直し」とジェンダー・フリー教育-「ジェンダー・フリー教育」研究のこれから-』
■ 概要
  1990年代中ごろから、学校現場では「学校をジェンダー・フリーに」という方向性が意識されるようになってきた。それは「学校がジェンダー関係の再生産装置」としての機能を果たしていること、固定的なジェンダー(関係)観が知識の習得や能力の発揮、人格形成にかかわって負の影響を与えていることが明らかになったからである。本研究では、このようなジェンダー・フリー教育が「女と男の差異化」「男と女の序列化と不利益」といった不平等論の枠内から出ていないことを指摘するとともに、ジェンダー・フリー教育が教育現場にもたらす影響を考察していく。とくに「ジェンダー・バイアスのない新しい『知』による教育」としてのジェンダー・フリー教育とその研究が、今後どのような方向に向かうのかに焦点を当てている。(pp.159-pp.172)
   単著   関西福祉大学研究紀要   第6号   pp.159-172   2003/03