兵庫大学 兵庫大学短期大学部  教員情報   
     


  ミツダ トモミ
  満田 知美   生涯福祉学部 こども福祉学科   准教授
■ 標題
  曼荼羅の概念と自己表現についてー顕在潜在曼荼羅図ー(修士論文)
■ 概要
  資料33 現在、自分に関わりの深い人間(72人)を選び、4Fサイズの肖像画を描く。核となる象徴的な部分は「宇宙」をテーマとしモチーフは無数の街(スラム街)とする。墨の技法を中心とした表現を研究する。昔から顕在(現実・意識)と潜在(夢・無意識)のバリアについて楽しみながら制作を進めている。繰り返しの作業を続けていると疲れて意識が朦朧となりボッーとなる。この緩みの状態で浮かんだ直感や閃き、アイデアが未来への方向や光となり、現実と共鳴しながら繋がっている状態の表現研究。
   単著   京都造形芸術大学大学院   2014/03